アンチエイジングの栄養素が非常に多く含まれているルイボスティー

少し前から友人達の間に口コミで流行っていたルイボスティー。

きっかけは確か女性誌か何かの特集だったと思うのですが、とにかくアンチエイジングに働きかける栄養素が非常に多く含まれているとのこと。

当然気にならないはずもなく、私も一年ほどですが飲んでいたことがあります。

このルイボスティー、南アフリカ原産のマメ科の植物で、「若返りのお茶」とも呼ばれているそうです。

その理由としては、歳と共に体内で増え続ける活性酸素を除去する「SOD酵素」が多く含まれていること。

老化の要因とされている活性酸素は、アンチエイジングを意識する女性達からの嫌われものですが、ストレスによっても増加するものです。

なかなか自力では排除できないこの厄介な活性酸素、薬などではなく普段から安心して飲めるお茶の力で激減できるのなら非常に有り難いですよね。

またミネラルもとても豊富なので全身の血流をスムーズにし、女性ホルモンのバランスを整えてくれるなど正にいいことづくめです。

煮出し方にもよるのでしょうが、味は癖があまりなく、紅茶からお茶特有の渋みを少し抜いたようなあっさりした後味です。

冷やして飲むことも勿論可能ですが、私は個人的には温かいままの方が飲みやすかったように感じます。

紅茶に近いのならカフェインは…と心配される方もいらっしゃると思いますが、何とこのルイボスティーはノンカフェイン。

夜寝る前に飲んで眠れなくなったら困るといった心配もなく、また妊婦さんも妊娠期間中、安心して飲むことができるというわけですね。

私はこれを飲み始めてから化粧のりが良くなり、毎月苦しめられていた生理痛も心なしか軽くなったように感じました。

周りにはこのルイボスティーを飲み始めてすぐ、欲しくてもなかなか出来なかった赤ちゃんを授かることができたという友人もいます。

先程も申しましたルイボスティーの酵素が卵子を若返らせる効果もあるということで、赤ちゃんを待ち望む女性達にも有名なお茶になりつつあります。

女性の人生をサポートしてくれるこのルイボスティー、日本でももっと日常的に飲む人が増えるといいですね。

(滋賀県草津市、HYさん)




ルイボスティーには体を温める効果があり、生理痛でお悩みの方におすすめです。

注目

最近、ティーライフのルイボスティーを購入して、ほぼ毎日飲み続けています。

実は私は最近ハーブティーにはまっていて、ルイボスティーもその流れで購入しました。

ルイボスティーパック

それまではルイボスティーではなく、紅茶を飲んでいたのですが、紅茶はカフェインが入っているので夜眠れなくなるといったことを懸念していました。

一方、ルイボスティーはカフェインが含まれていないので、夜眠れなくなる心配もありません。

ルイボスティーは夜眠る前にも安心して飲むことができます。

ルイボスティー

ルイボスティーを飲むと肌が綺麗になるそうです。

温かいルイボスティーを飲むと、体全体が温かくなり新陳代謝が高まってくるような気がします。

新陳代謝が高くなると肌の生まれ変わりも頻繁に行われることになりますので、体の内側から綺麗になっていっているのかもしれません。

またカフェインは生理痛を強めるらしいので、このノンカフェインのルイボスティーは生理痛緩和効果もあるそうです。

実際に温かいルイボスティーを飲むと体が温まるのでで私自身、生理中の時はだいぶ助けられました。

ルイボスティーは血液循環がよくなるということで生理中に飲むと良いのかもしれませんね。

ルイボスティーは比較的安価で手に入りやすい商品です。

もうそろそろ以前購入したルイボスティーが終わりそうなので、また購入して飲もうと思っています。

毎日朝晩2回は飲んでいるので、割とすぐに終わってしまうんですよ。

(埼玉県 さくらさん)

>>ルイボスティーはこちらのサイトで購入しました。