ルイボスティーを飲むと妊娠中のつわりが軽くなりました。

妊娠した際に良く飲んでいたのが、ノンカフェインや低カフェインのお茶です。

カフェインを摂取したことによる、胎児への影響を考慮し、なるべく控えるようにしていました。

ノンカフェインのお茶の代表格といえば、ルイボスティです。

ルイボスティは、渋さが控えめで干し草のような香りとのこと。

干し草の香りがするお茶を、本当に飲めるか不安もありつつ、とりあえず試してみることにしました。

香りは思ったよりもマイルドで、意外と違和感なく飲めました。

お店には、ルイボスティに香り付けをしたフレーバーティもありました。

ベルガモットで香り付けをした、ルイボスティのアールグレーも購入しました。

ナチュラルなルイボスティが飲めないかもしれないと思っていたので、こちらも買っておきました。

普通のアールグレーに比べると、渋みが少なくスッキリとした味わいで美味しかったです。

ルイボスティの独特な香りが苦手な人も、ルイボスティのアールグレーはおすすめです。

他にも、ルイボスティに甘い香りを付けたフレーバーティなど様々あるので、自分好みの味を見つけてみても楽しいかもしれません。

日々習慣的に飲んでいると、意外とナチュラルなルイボスティの香りのスッキリとする味わいが美味しく感じるようになりました。

私は、妊娠中つわりが酷い方だったので、つわりが開けた後も出産するまで胃の不快感や胸焼けが抜けませんでした。

少し気持ちが悪いときなどにルイボスティを飲むと、むかむかした感じがすっとして楽になりました。

恐る恐る試してみたルイボスティですが、思いの外妊娠中に大活躍しました。

色々な香りを楽しみながら、何度も買い足してしまいました。

また、普段から夜更けに作業をするときや、寝る前に喉が渇いて一杯飲むときなど、カフェインを気にせず飲めるので重宝しています。

(東京都 chachamameさん)