貧血っぽい症状がルイボスティーで治りました。

ルイボスティーはテレビで知ってから、ノンカフェインのお茶ということで気になっていました。

夏に美容院で出してもらったとき、香ばしくて口当たりがよく、ルイボスティーいいなぁと思いました。

カフェインが含まれていると寝られなくなるので、朝と昼しか飲めないけど、ノンカフェインはいつ飲んでも寝れなくなることがありません。

そこがいいですね。

美容院で飲んで美味しかったのと、気楽に飲めるお茶が欲しかったので、購入しました。

飲んだのは夏です。

今まで飲んでいた麦茶をやめて、代わりにルイボスティーにしました。

麦茶は香ばしくて、口当たりが良い特徴があります。

こちらも、似たような風味なので、ルイボスティーなのに麦茶のような感覚でした。

毎日飲むほど、麦茶にそっくりと思えてきて、つい調べました。

お茶はカフェインを含んでいるのが常識ですが、それは茶葉から抽出した場合です。

緑茶や紅茶がカフェインを含んでいるのは茶葉から抽出しているからなのです。

麦茶は、大麦を炒って抽出しているので、ノンカフェインなのです。

これには驚きました。

ルイボスティーは、亜鉛、銅、マグネシウム、カルシウム、鉄分などの栄養素が豊富です。

貧血にならないための栄養素がちゃんと含まれています。

私は体力がなく、だるいとか頭が痛いなど貧血っぽい症状が多かったです。

夏は食欲がなく、暇があれば横になっていたいほど体力がなかったのに、含まれる鉄分や亜鉛が効いたのか、元気になりました。

飲み方は、急須に茶葉を入れてもいいし、やかんに水を入れて煮だすのもいいです。

両方のやり方で飲んでみました。

煮出したほうが色と味が濃くなって美味しかったです。

調べて分かったんだけど、このやり方だとフラボノイドという物質が多く抽出されるそうです。

これは、抗酸化力が強い成分なので美容にもいいです。

今でも飲んでいて、冬は紅茶を飲む感覚でレモンを入れることもあります。

この飲み方もいいですよ♪

(岐阜県 ミントさん)