ルイボスティーには活性酸素除去、がんや老化、生活習慣病予防、免疫力向上、冷え性改善、美肌の効果があります。

ルイボスティーには活性酸素を除去し、がんや老化、生活習慣病を予防する効果や、免疫力を上げる効果、冷え性改善効果、美肌効果など実にたくさんの嬉しい効果があると知り、興味を持っていたところ、偶然お店でティーバッグタイプのものを見つけたので購入してみました。

15個入りで300円から400円くらいの値段のもので、比較的求めやすいものでした。

毎日仕事や家事、育児でとても忙しい毎日ですので、風邪をひいたりせずに毎日元気に過ごしたい、という思いがあり、それ以来、仕事の日はいつもマイボトルにティーバッグを入れてお湯を注いだものを持って行くようにしています。

色や味はなんとなく紅茶と似ているような印象で、特に癖もなくとても飲みやすい味です。

どちらかというと紅茶よりもルイボスティーのほうが飲みやすい味なのではないかと思います。

ノンカフェインで妊婦さんや赤ちゃんでも飲める安心な飲み物ですので、我が家でも小学生の子供が「喉が渇いた」と言って来た時に飲ませることがありますが、おいしいと言って喜んで飲んでいます。

主人にも是非飲んで欲しいと思い、勧めてみたところ、今は主人も仕事に出かける時は毎日持って行くようになりました。

子供同様、主人もとても飲みやすくておいしいと喜んでいます。

かれこれ3年以上は継続して飲んでいると思いますが、ほとんど風邪をひかなくなったことで効果を実感しています。

おいしく飲めて効果を実感できる、ということは本当に素晴らしいことで、またこれからも健康維持のため継続したいと思っています。

ホットでもアイスでもどちらでもとてもおいしく飲むことができます。

これから、もっとルイボスティーを飲む人が増えて、更に良さが広まって行くと良いと思います。

(福島県 SSさん)




PMSでイライラする方におすすは美肌効果抜群のルイボスティー

ルイボスティーを飲んだきっかけは、オシャレな美容院で出されたときのことです。

美容師さんが「栄養もあってオススメだよ」と。

それまではルイボスティーを飲んだことがなかったので、どんな味なんだろうと気になりました。

香りを嗅いでみると、とてもフルーティーで良い香りに美意識がくすぐられました。

すっきりしててとても飲みやすく、またその香りが好きだったので、「よし、買おう!」と某輸入店まで買いに行くことを決意しました。

それ以来、私はルイボスティーを愛用しています。

ルイボスティーは、カフェインが入ってないようなので、体に優しいお茶と言われています。

人それぞれですが、カフェインを摂取すると、イライラしやすくなりPMSの症状がひどくなる人もいるかと思います。

ルイボスティーはカフェインが入ってないので、PMSの症状に悩まされている女性にオススメです!

「冷えは女の大敵」といわれているように、女性は体を芯から温めることが大事なので、毎日、ルイボスティーを飲むように意識しています。

とても飲みやすく、またリラックス効果もあるので、毎日の夜ゆっくりと飲んでいます。

ルイボスティーには体に優しい成分が入っているので、コーヒーのように飲みすぎは良くないと考えてしまうこともなく、すっきりと飲むことができます。

カフェインも入ってないので、夜飲むと体が温まってぐっすりと眠れるようになり、不眠症も改善しました。

朝の目覚めもバッチリです!

そのおかげか、肌の色も良くなり、友達にも「肌キレイになった?」といわれるようになりました。

また、ミネラルもたくさん入っているので便秘も解消してくれます。

女性には嬉しい成分がたっぷり入っており、飲むだけでも美意識を高めさせてくれます?

これからもルイボスティーを飲んで、女を磨いていきたいと思います!

(大阪府 Yuzuさん)




ルイボスティーでトイレに行く回数が増えて、足のむくみがなくなりました。

ルイボスティーを最初に試してから、3年以上愛用し続けています。

ルイボスティーには活性酸素を除去する働きがあると聞いて、元々は健康のために飲み始めました。

ルイボスティーを飲み始めてから一番初めに変化を感じたのは排尿の回数です。

仕事の日は特にトイレに行く感覚が長く、1日に3~4回しか行かない日もありました。

しかしルイボスティーを飲み始めると、トイレに行く回数が倍くらいに増えました。

健康な排尿の基準は1日に7~8回だそうです。

10回以上と多すぎるのもいけないそうですが、少なすぎると血液の循環が悪くなり、血がドロドロになると言われています。

ルイボスティーを飲むことで、まず水分を摂ることが習慣化されました。

デトックス効果もあるし、トイレに行く回数も正常になって仕事後の足のむくみも減りました。

それから、ある日ふと思ったのは、肌荒れが起きにくくなっていたことです。

昔からアトピー性皮膚炎を発症しやすく、大人になってからも強いストレスを感じたり不規則な生活が続いたりすると、すぐ肌に現れていました。

しかし、ルイボスティーを飲み始めて半年以上経った頃から、不摂生が多少続いても肌荒れが起きなくなっていました。

美肌に関しては無頓着だった私でも、気づける変化があったのは嬉しかったですね。

私の友人はルイボスティーを飲み始めて便通がとても良くなったそうです。

お通じが3日に1回だったり、酷い時は1週間くらい出ない時もあるようで、そういう時は下剤を服用していたそうですが、今ではルイボスティーを飲むことでで毎日お通じが来るようになったと聞きました。

私達の体は色々な要因で必要なミネラルが体内から奪われやすくなっています。

ルイボスティーを飲むことで、とても豊富で質の良いミネラルが摂れるようです。

それが、美肌や便秘の改善、健康維持など、様々なメリットに繋がるようです。

ルイボスティーにはカフェインが含まれていないのも大きな特徴です。

妊娠している現在でも、良い体づくりと美肌のためにルイボスティーを飲み続けています。

(愛知県 だっふぃーさん)

>>ルイボスティーをこちらのサイトから購入しました。







アンチエイジングの栄養素が非常に多く含まれているルイボスティー

少し前から友人達の間に口コミで流行っていたルイボスティー。

きっかけは確か女性誌か何かの特集だったと思うのですが、とにかくアンチエイジングに働きかける栄養素が非常に多く含まれているとのこと。

当然気にならないはずもなく、私も一年ほどですが飲んでいたことがあります。

このルイボスティー、南アフリカ原産のマメ科の植物で、「若返りのお茶」とも呼ばれているそうです。

その理由としては、歳と共に体内で増え続ける活性酸素を除去する「SOD酵素」が多く含まれていること。

老化の要因とされている活性酸素は、アンチエイジングを意識する女性達からの嫌われものですが、ストレスによっても増加するものです。

なかなか自力では排除できないこの厄介な活性酸素、薬などではなく普段から安心して飲めるお茶の力で激減できるのなら非常に有り難いですよね。

またミネラルもとても豊富なので全身の血流をスムーズにし、女性ホルモンのバランスを整えてくれるなど正にいいことづくめです。

煮出し方にもよるのでしょうが、味は癖があまりなく、紅茶からお茶特有の渋みを少し抜いたようなあっさりした後味です。

冷やして飲むことも勿論可能ですが、私は個人的には温かいままの方が飲みやすかったように感じます。

紅茶に近いのならカフェインは…と心配される方もいらっしゃると思いますが、何とこのルイボスティーはノンカフェイン。

夜寝る前に飲んで眠れなくなったら困るといった心配もなく、また妊婦さんも妊娠期間中、安心して飲むことができるというわけですね。

私はこれを飲み始めてから化粧のりが良くなり、毎月苦しめられていた生理痛も心なしか軽くなったように感じました。

周りにはこのルイボスティーを飲み始めてすぐ、欲しくてもなかなか出来なかった赤ちゃんを授かることができたという友人もいます。

先程も申しましたルイボスティーの酵素が卵子を若返らせる効果もあるということで、赤ちゃんを待ち望む女性達にも有名なお茶になりつつあります。

女性の人生をサポートしてくれるこのルイボスティー、日本でももっと日常的に飲む人が増えるといいですね。

(滋賀県草津市、HYさん)




貧血っぽい症状がルイボスティーで治りました。

ルイボスティーはテレビで知ってから、ノンカフェインのお茶ということで気になっていました。

夏に美容院で出してもらったとき、香ばしくて口当たりがよく、ルイボスティーいいなぁと思いました。

カフェインが含まれていると寝られなくなるので、朝と昼しか飲めないけど、ノンカフェインはいつ飲んでも寝れなくなることがありません。

そこがいいですね。

美容院で飲んで美味しかったのと、気楽に飲めるお茶が欲しかったので、購入しました。

飲んだのは夏です。

今まで飲んでいた麦茶をやめて、代わりにルイボスティーにしました。

麦茶は香ばしくて、口当たりが良い特徴があります。

こちらも、似たような風味なので、ルイボスティーなのに麦茶のような感覚でした。

毎日飲むほど、麦茶にそっくりと思えてきて、つい調べました。

お茶はカフェインを含んでいるのが常識ですが、それは茶葉から抽出した場合です。

緑茶や紅茶がカフェインを含んでいるのは茶葉から抽出しているからなのです。

麦茶は、大麦を炒って抽出しているので、ノンカフェインなのです。

これには驚きました。

ルイボスティーは、亜鉛、銅、マグネシウム、カルシウム、鉄分などの栄養素が豊富です。

貧血にならないための栄養素がちゃんと含まれています。

私は体力がなく、だるいとか頭が痛いなど貧血っぽい症状が多かったです。

夏は食欲がなく、暇があれば横になっていたいほど体力がなかったのに、含まれる鉄分や亜鉛が効いたのか、元気になりました。

飲み方は、急須に茶葉を入れてもいいし、やかんに水を入れて煮だすのもいいです。

両方のやり方で飲んでみました。

煮出したほうが色と味が濃くなって美味しかったです。

調べて分かったんだけど、このやり方だとフラボノイドという物質が多く抽出されるそうです。

これは、抗酸化力が強い成分なので美容にもいいです。

今でも飲んでいて、冬は紅茶を飲む感覚でレモンを入れることもあります。

この飲み方もいいですよ♪

(岐阜県 ミントさん)




ルイボスティーはタンニンが少ないので食事時のお茶をしても安心です。

外国人のお友達から、「ルイボスティーが体によくて、アメリカで流行っているよ」と教えてもらい、もう5-6年は飲んでいると思います。

最初は日本でルイボスティーを入手するのは簡単ではなく、買えても値段が高かったりと、苦労しました。

最近では値段も下がってきて、買いやすくなっているのでうれしい限りです。

南アフリカ原産のお茶ということで、最初は何となくイメージで「くせが強くて飲みにくいのでは?」と思っていたのですが、実際に飲んでみると、くせもなく飲みやすい味なので安心しました。

抗酸化作用が高いので、若返ったり免疫力が上がったりということを期待して飲み始めました。

すぐに劇的な効果が現れたということはありませんでしたが、長く続けていて調子もいいので、体にはいいのだなと思い、今もずっと続けています。

ルイボスティーでいいと思うのは、タンニンの少なさです。

コーヒーや紅茶、緑茶など植物由来の飲み物は、タンニンが多いことがあると聞きました。

タンニンは鉄分の吸収を阻害するので、食事のときにこれら飲み物を飲むのはひかえなければなりません。

しかしルイボスティーは、このタンニンが少ないというので、食事の時も安心して飲めます。

もちろん食事以外のときも、ティータイムにも飲んでいます。

貧血は多くの女性の悩みですので、貧血に苦しむお友達には、ルイボスティーを積極的に勧めています。

もうひとつルイボスティーでいいと思うのは、ノンカフェインであること。

このため、夜でも眠れなくなることを恐れず、時間に関係なく飲めますし、子どもにも飲ませることができるので、大変重宝しています。

ルイボスティーに出会うまでは、コーヒーの飲みすぎが気になっていましたが、今ではコーヒーの量も少しずつ減らし、飲みすぎを改善することに役立っています。

(広島県 ねこのひげさん)




ルイボスティー効果で肌荒れと吹き出物がよくなりました。

私は荒れやすい肌質で、肌荒れと吹き出物に悩んでいました。

母と買い物に行った時に、ある雑貨屋でルイボスティーに出会ったのです。

なんでも、そばかす、しみ、吹き出物など女性の美容の天敵の原因となっている活性酸素を、ルイボスティーで減らすことが出来ると店員さんから伺いました。

この活性酸素のバランスをとることで若々しく美しく身体を保つことができるのだそうです。

しかも、ノンカフェインでミネラルも豊富。

便秘解消にも良いので、美肌に良いとのことです。

最近ではよく雑誌などにも取り上げられていて、お医者さんも公認するほどの効果があるんですね!!

店員さんの熱心な販売に背中を押されて購入しました。

さっそく母と一緒に試しました。

50歳をすぎた母も最近はアンチエイジングが気になっているようだったので、、1日一回、いまおやつの時間に飲んでいるコーヒーをやめて、ルイボスティーにしてみることに決めました。

1週間続けてみて、なんとなくお肌もいい調子。

肌荒れも以前ほどひどくなく、たま~に暴飲、暴食があったり、飲み会が続いた後でも、あまり荒れなくなりました。

自分では目に見えて改善されたとは思っていなかったのですが、久しぶりに会った大学の同級生には、「なんか最近肌きれいになったね~!」と言われました!

母は最近悩んでいた便秘が、最近は全然ないといって嬉しそうです。

おやつの時間とか、朝ごはんを食べる時とか、寝る前とか、気軽に飲むことができるところがとっても気に入っています。

サプリとかでビタミンをとるのもいいけれど、どうしても「薬を飲んでる…」という感じが付きまとうので。

冬はとくに、冷え性なからだを温めるのにもよくて一石二鳥!

最近は友達へのプレゼントにも送ろうと画策しています(笑)

(京都府 さけごまさん)