ルイボスティーで美肌になった友人

私のほうが肌はきれいだったのです。

私は誰よりも肌がきれいで、それが自慢だったのです。

それなのに最近では友人のほうが、とてもきれいな肌になっていたのです。

美肌とは友人の肌の事を言うのでしょう。

その秘密はあるものを飲んでいたからです。

それがルイボスティーだったのです。

テレビで友人がルイボスティーの事を知りました。

ニキビができやすくて、いつも肌荒れを起こしていた友人は試しに飲んでみる事にしたのです。

思ったよりもあっさりしていて、飲みやすいみたいです。

毎日飲んでいるコーヒーをやめて、ルイボスティーにしてみたのです。

健康茶なので、飲む事で今よりももっと健康にもなれるのです。

私は健康も美容も、これからもっと良くなったらいいなと思っています。

友人はそれだけでこんなにも肌がきれいになったのです。

だから私も飲んでみようと思ったのです。

飲むしかないと思ったのです。

ジュースや炭酸飲料ばかり飲んでいます。

だから体の中から冷えているのです。

これも体には本当に良くないことだと、よくわかっています。

それなのに美味しいので、ついつい飲んでいたのです。

でもこのルイボスティーのほうが、もっと美味しかったのです。

苦味もなくて、少し甘いのでとても飲みやすかったのです。

何と南アフリカでは不老長寿のお茶として、ずっと飲み続けらえているのです。

奇跡のお茶とも呼ばれている、とても歴史のあるお茶だったのです。

私もさらにきれいになりたいです。

もっと美肌になるために、ルイボスティーを飲み続けたいです。

(三重県 ななみさん)




貧血と便秘に悩む私にとってルイボスティーは体にいいお茶

私が初めてルイボスティーを飲んだのは、小学校の高学年のときです。

母がダイエットの一環で飲み始めたのがきっかけでした。

母は「体にいいから」とか「子どもにもいい飲み物だから」といっていたのですが、茶色の土瓶で濃く煮だされたルイボスティーは青汁並みの恐怖を感じました。

紅茶の透き通った赤とは違う茶色の飲み物は、今まで嗅いだことのない独特の香りを放っていました。

飲んでみるとまずくはないものの、今まで飲んだことのない味わいでした。

母はわざわざ専門店でルイボスティーを買い、それを土瓶で長時間煮だしていたのも原因の1つだと思います。

遊びに来ていた当時小学校の低学年のいとこは、叔母に泥水を飲まされたと報告したそうです。

おそらくこの件がきっかけで、我が家では長らくルイボスティーを見かけませんでした。

私は20代になり、貧血と便秘に悩まされていました。

いろいろ調べた結果、貧血と便秘には関連があることを知りました。

貧血と便秘は互いに互いを誘引してしまうそうです。

実はカフェインは便秘と貧血のどちらにも影響を与えます。

一杯か二杯のコーヒは便意を促すため便秘に良いとされています。

しかし過剰に摂取すると下痢を招くそうです。

またカフェインは鉄分の吸収を阻害するので、貧血にも良くありません。

紅茶によく含まれるタンニンも鉄分の吸収を阻害します。

実はカフェインやタンニンの入っていないお茶はほとんどありません。

ルイボスティーはカフェインゼロです。

その上ルイボスティーにはタンニンも含まれていますが、タンニンの含有量はお茶の中では比較的少ないと言われています。

そのため、貧血と便秘に悩む私にとってルイボスティーは体にいいお茶なのです。

幼少時は苦手に感じていた香りや味も、大人になって味覚が変わったためか平気になりました。

どころか最近はおいしく楽しめています。

(愛媛県 八雲さん)




ルイボスティーは簡単に始めて続けられる健康習慣です。

以前から家族全員で簡単に続けられる健康に良い習慣を探していて、ルイボスティーを飲むことにしました。

私にとってルイボスティーは、カフェやレストランでたまにメニューで見かけて頼んでみるくらいの存在でした。

ある時ルイボスティーのティーパックを貰ったことがあり、家で淹れて飲んでみると結構美味しかったので、日常でも飲もうと沢山買うようになりました。

私はノンカフェインで体に優しいという理由で飲み始めたのですが、日々健康維持のためにアンテナを張り巡らせている母にとっても、ルイボスティーは良いお茶だそうです。

ルイボスティーには老化の原因である活性酸素を除去する酵素が入っており、シミやしわなどお肌のトラブルに効果があるだけでなく、マグネシウム、カルシウムなどのミネラルが豊富に含まれていたり、その効果で整腸作用でお通じを良くしてくれる等、私達の体に良いことが一杯なのだそうです。

私は末端冷え性なので血流が良くなるという効果がとてありがたく、期待して飲んでいます。

家族の理解と賛成もあって、こうしてルイボスティーは毎日家族で飲むようにしています。

ルイボスの葉が細かいので、あらかじめティーパックに詰めてから急須にいれ、お湯を注ぐとティーポットの掃除もらくちんです。

ローストしたルイボスティーは番茶のようなどこか懐かしい香りがして、紅茶と番茶の中間として使えるので思ったよりも家族の評判が良いです。

フレーバーティーと合わせたりジャムを淹れたりして、味の変化を楽しむことが出来るのでどんなシーンでも使えて便利です。

なによりノンカフェインなので、夜遅くに飲んでも大丈夫なところが嬉しいです。

寝る前に温かいルイボスティーの一杯をゆっくり飲んで体を温めてから寝るようにしています。

ルイボスティーを飲むという簡単に始められる健康習慣は、簡単で美味しく続けられるので、ここ最近のお気に入りです。

(岡山県 めじろさん)




ルイボスティーのスーパーグレードに変えたら肌荒れ改善効果がありました。

強力な抗酸化作用で体に良く、ミネラルを多く含む事から、肌荒れにも良いと言われるルイボスティーは、発酵食品なので便秘にも効くと言われていますよね。

ただでさえひどい乾燥肌で、肌荒れや大人ニキビが出やすいのに、慢性的な便秘でお肌はガサガサ、毎日飲むお茶を変えるだけで、体の中からキレイになれるならと思い、ルイボスティーを試してみました。

でも本当に効くか分からないものに、高いお金は掛けたくありません。

通販で見かけた安いルイボスティーを買ってみたのですが、飲めない事はないけど、実はあまり美味しくなかったんですよね。

それでも薬だと思って飲んでいたのですが、ルイボスティーってグレードによって全然味が違うんですね。

お茶専門店で試飲させて頂いたルイボスティーは、ほのかな甘味があり、フルーツを入れたフレーバーティーのような味わいでした。

スーパーグレードの茶葉だったので、結構なお値段はしましたが、味が好みだったので買っちゃいました。

普通に美味しいお茶として飲むようになったルイボスティーですが、ルイボスティーの特徴の一つ、強力な抗酸化作用を持つSODは、グレードの低い茶葉にはあまり入っていないそうですね。

確かにスーパーグレードの茶葉に変えたら、確かに肌荒れ改善効果がありましたよ。

顔の粉吹きが消え、大人ニキビも小さく少なくなり、自然なお通じが来るようになりましたし、寝つきが良くなり、熟睡度も高まった感じがします。

睡眠の質が良くなった影響もあるのでしょうけど、日中の疲労感も少なくなりましたし、肌のくすみが和らぎ、毛穴の開きが治まったため、化粧のノリも良くなりました。

安い茶葉を使っていた時には、煮出すとエグミが出てしまっていたのですが、茶葉を変えてからは15分くらい煮出してもクセがなく、美味しいままでしっかりと有効成分を摂取できるようになったのですから、やっぱりグレードの違いはあるんですね。

(東京都 ゆかりさん)




人気のオーガニックルイボスティを飲んで、お肌の調子が良くなりました。

以前からルイボスティーを愛用してきました。

もともとはアレルギーを抑える効果があると知り、その後に美肌や免疫力を高めるにも良いという事を聞きました。

最近では若いママさんからは妊活にも効果があると言う話しを聞いて、なるほど~と思いながら愛用していました。

その後、あるテレビや雑誌などでも度々取り上げられる様になってきたルイボスティは販売している店も多くなりました。

先日良く買い物へ行く、成城石井(スーパー)でもルイボスティのコーナーが出来ていて、‘’テレビで紹介されたルイボスティです‘’の紹介があり、オーガニックルイボスティをお勧めしていますが、その商品を購入してきました。

味はいつも飲んでいるルイボスティと特に大きな代わりはありませんでしたが、長い時間ティパックを湯につけたままにしても、嫌なえぐみや渋みが全く出ないと感じました。

飲み口もとてもマイルドでかなり気に入りましたし、お勧め商品とされている事が分かった気がしました。

1袋のみ終わってしまったので、すぐにまた購入しに行きました。

今は朝とりあえず1杯。

午後仕事から帰宅して1杯。

寝る前にも1杯飲んでいます。

ノンカフェインなので、寝る前にも問題なく飲めてるところがルイボスティの良さだと感じています。

ルイボスティを日常的に飲む様になってからがお肌の調子も益々良くて、胃腸も痛くなる事がなく(私は日本茶を沢山飲むと胃が痛くなるタイプなんで)体調も全体的に良いです。

女性に人気のお茶だと言う事が改めて分かる気がしています。

以前は友人が来てもあまりルイボスティを出すことがありませんでしたが、現在はルイボスティを出す事も多くなりました。

これからも健康支持やお肌の為にもルイボスティは愛用していきます。

(埼玉県川越 ぽんちゃん)